▼TOP10
  1. 中国禁止!買うな、食べるな、使うな、危険な中国
  2. 牛乳には危険がいっぱい?
  3. 食品・化粧品危険度チェックブック改訂版
  4. 食品添加物の危険度がわかる事典
  5. 新・食べるな、危険!
  6. まぜるな危険!薬と食品の食べ合わせガイド
  7. 市販薬・医薬部外品危険度チェックブック改訂版
  8. 犯罪は「この場所」で起こる
  9. 食べてはいけない添加物食べてもいい添加物
  10. なにが危険なの?

マゴットセラピー

マゴットセラピーとは糖尿病の進行による壊死や壊疽で、下肢、足の指など切断を迫られた時の最新治療法です。このマゴットとは「ハエの幼虫」を意味し、つまり日本では「蛆虫(うじむし)」にあたります。このマゴットセラピーは医学的にも承認されている治療法で、マゴットが壊死している部位の組織を食べて治す治療法なのです。
糖尿病(高血糖)は進行するまで痛みや違和感をあまり感じない病気なので、なかなか治療に専念されない方が多いのですが、始めに足の指などが黒ずんできたら要注意!軽く考えないで、病院に直行してください。壊死の進行が進むと、足の指だけでなく、膝下からの切断も必要になるかもしれません。
このマゴットセラピーなら足を切らなくても治療することができることで、テレビ番組『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』で紹介されました。マゴットセラピーを受けることができる病院は東京でも数少ないようです。糖尿病(高血糖)を切らずに治療してもらえる病院は「受診可能な病院」の記事にて紹介していますので、そちらもご覧になってください。治療できる病院は・・・


posted by 糖尿病患者 at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | マゴットセラピー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。